おなかがよわいお坊さんはあわてない

おなかを壊しやすい僧職系男子、まち歩きのススメ。

周南市 : 徳山 柳町遊廓とその周辺 その2

f:id:nori7770:20210612202918j:plain

才ノ森より柳町に遊里が移転して後、およそ10年ほどで売春禁止法が施行、赤線は廃止となる。現在でもスナックなどの飲食店が立ち並ぶエリアであるが、より駅前に近い昭和町付近ではソシアルなビルも多く見られる。

日中の盛り場の風景と、周辺で見つけたトマソンを見ていこう。

前回の記事

 

f:id:nori7770:20210612201727j:plain木製の高所ドア。おそらくここも妓楼だったのではないだろうか。

 

f:id:nori7770:20210612192700j:plain

ビルとビルの間にあるこういう空間…いいね。

 

f:id:nori7770:20210612192819j:plain

木の腰壁に時代を感じる。

 

f:id:nori7770:20210612192900j:plain

「ドレミド みど」に「# & ♭」。音楽好きのオーナーかな。

 

f:id:nori7770:20210612193021j:plain

ネイビーがかった深いブルーにゴールドの色合わせ。

このカラーコーデは参考にしたい。

 

f:id:nori7770:20210612193135j:plain

スナック…なのか?

 

f:id:nori7770:20210612193335j:plain

バブルの頃はこのあたりもギラついてたんだろうか。

 

f:id:nori7770:20210612193740j:plain

突如現れた石膏像。画塾かアトリエだったのかな。

 

f:id:nori7770:20210612193946j:plain

使えるからトマソンではないな。使いたくはないけど。

 

f:id:nori7770:20210612194425j:plain

各階に装テンを備えた(備えてた)ビル。

 

f:id:nori7770:20210612194510j:plain

ここは周南に訪れるたびに定期観察しようと心に誓った。

 

f:id:nori7770:20210612194852j:plain

「ハーバー」…。工業港のあるまちだからね。

 

f:id:nori7770:20210612195130j:plain

統一されたトーンの中に潜むたくさんのパターン。

舵輪のレリーフは意外と控えめな主張。

 

f:id:nori7770:20210612195420j:plain

市場のような雰囲気の小さなアーケード。

この日は休みだったが、普段は何店舗か営業しているようだ。

 

f:id:nori7770:20210612210852j:plain

f:id:nori7770:20210612202739j:plain

おや…またビルの隙間に気になるアーケード(?)。

 

f:id:nori7770:20210612202918j:plain

「二次会」は二次会で行くとして、その後には「旅愁」も感じたい。

 

f:id:nori7770:20210612211248j:plain

終末戦争、いや週末戦争が始まりそうな店名だな、「ヴァルキュリア」。

オチョ?

 

f:id:nori7770:20210612211605j:plain

「すたんど 麦」の素朴さよ。

 

f:id:nori7770:20210612211710j:plain

「Snack フグ」…?あ、「フィーリング」か。

 

f:id:nori7770:20210612211829j:plain

出会いを大切にしようね。

 

f:id:nori7770:20210612211915j:plain

ん?スナックなの?パブなの?

「フ"イ"ーリング」って、イが大きいやん。こういう表記のブレさえ愛おしい。

 

f:id:nori7770:20210612213325j:plain

f:id:nori7770:20210612213342j:plain

エレガントなデザインの門扉は家政学校。

 

f:id:nori7770:20210612222303j:plain

不意をつかれて完全にやられた。

こんな素敵な物件が眠っていたなんて。

 

f:id:nori7770:20210612222358j:plain

「お京」…。ゴールドの塗料の圧倒的存在感。

 

f:id:nori7770:20210612222653j:plain

f:id:nori7770:20210612222710j:plain

隣の「ひろわ荘」も見逃せない。

ここに住みたい。

 

f:id:nori7770:20210612223100j:plain

周南は高所ドア物件多いなぁ。

 

さて、4回に渡ってお送りしてきた徳山駅前編は、これにて一旦終了。

周南エリアは他にも面白いスポットが数多くあるので、またそちらも折を見て紹介したい。

f:id:nori7770:20210612214410j:plain

それでは。