おなかがよわいお坊さんはあわてない

おなかを壊しやすい僧職系男子、まち歩きのススメ。

北九州市 門司区 : 旧門司 階段巡り その1

f:id:nori7770:20210303232912j:plain


今回の階段巡りは、下関から関門海峡を挟んだ対岸、門司港エリア。

 

門司港といえば、門司港レトロ地区でおなじみの観光地ですね。港町の風情が感じられる街並みに、おしゃれなカフェや雑貨さん。クリエイターのアトリエなんかも多く、アーティスティックな雰囲気のあるまちです。

また、門司港駅舎をはじめ、非常に多くの近代建築があることでも有名です。ちょっとディープなところでは馬場遊郭に代表される赤線地帯や、戦後ヤミ市を起源とするレトロな商店街、かつて船員や港湾関係者で賑わっていた夜の街など、一日中回っても飽きない魅力にあふれています。

ぼくはこのあたりには仕事でほぼ毎日のように訪れるので、ホームタウンと言っても過言ではありません。オススメのお店なんか知りたい方がいたらご連絡くださいね。

 

さてさて、駅周辺の有名スポットは観光ガイドや雑誌に任せるとして、赤線跡やレトロ商店街を紹介……するのはまた今度に。今回は階段です。

以前、下関の階段巡りのときにでも書いたように思いますが、北九州は非常に階段や坂が多い街です。近年は大雨や台風によって土砂災害が頻発しており、これらの対策が喫緊の課題とされています。

 

とりあえず門司区の端っこから攻めていくか…ってことで旧門司

門司港駅のある西海岸の隣町です。ちなみに旧門司ってのは通称じゃなく地名です。

 

f:id:nori7770:20210304000115j:plain

はい、いきなり海の見える階段。

夕陽を受けて輝く水面。ここに座ってお酒を飲みたい。

 

f:id:nori7770:20210304000501j:plain

対岸は下関。

 

f:id:nori7770:20210304000742j:plain

今回は見下ろす構図が多くなりそうです。だって海がキレイなんだもの。

 

 

f:id:nori7770:20210304000935j:plain

高さ、幅、導線…全てのピッチが規則性を持たない。

 

 

階段を散策中、気になるものを発見。

f:id:nori7770:20210304001250j:plain

これはいったい何だろう?

 

 

近づいてみる。

f:id:nori7770:20210304001412j:plain

大日本麦酒」と読み取れる。埋まっている文字は「會社」か?

門司には確かに大日本麦酒(アサヒビールサッポロビールの前身)の工場があったが、このエリアではない。大里(門司駅近く)に一部が現存するレンガ造りの大きな工場だ。現在は記念館として保存されており、レストランや貸しホールとしての営業も行っている。それはまた別の機会に紹介しよう。

f:id:nori7770:20210304002235j:plain

しかし何故、民家(もう既に住んでなさそうだが)横の土地に、このようなものがあるのだろう?ご存じの方、情報お待ちしております。

 

 

 

 

さて、階段に戻ろう。

f:id:nori7770:20210304002641j:plain

左右で全く違うテイストの階段を、真ん中の水路が中和する。

 

f:id:nori7770:20210304002803j:plain

 

f:id:nori7770:20210304002836j:plain

 

 

f:id:nori7770:20210304014546j:plain

暗渠と階段。

 

 

 

 

f:id:nori7770:20210304015226j:plain

たまに見かける、ガスメーター点検用のちっちゃい階段。なんでそんな位置にガスメーターつけるのか。

 

f:id:nori7770:20210304191919j:plain

階段の下に埋まった石に「三井地所」って文字が読み取れるような気がする。境界石?

門司のまちは三井財閥と関わりが深いけど、さっきの大日本麦酒の碑といい、このへんに何かあったのだろうか?。

 

 

 

 

フェンスで囲まれた、アクセスできないトマソン的階段。

f:id:nori7770:20210304014732j:plain

f:id:nori7770:20210304014747j:plain

無用階段でもあり、境界タイプでもある。

 

f:id:nori7770:20210304014815j:plain

反対側から入れた。

 

f:id:nori7770:20210304014846j:plain

港湾部が少し見切れている。

 

 

 

f:id:nori7770:20210304192250j:plain

 

f:id:nori7770:20210304192405j:plain

上の方に見えるのは九州自動車道関門橋のすぐ近くである。

 

 

f:id:nori7770:20210304192529j:plain

 

f:id:nori7770:20210304193305j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

斜面に集落の広がるこのエリア、階段自体も味のあるものが多いのだが、最も印象に残ったのは町の最上部。

 

 

f:id:nori7770:20210304015022j:plain

階段ハウス。

まるで要塞のよう。これについてはまた次回。  

 

 

 

 

おまけ

散策中に見つけたビルトインお社。

f:id:nori7770:20210304193416j:plain

 

それでは。