おなかがよわいお坊さんはあわてない

おなかを壊しやすい僧職系男子、まち歩きのススメ。

商店街・市場

大分県竹田市 : 長湯温泉(2)

悲しい恋物語(?)が伝わる野湯に浸かり、早朝の散歩。 曇天の温泉郷を往く。

大分県津久見市 : 津久見駅前とその周辺(4)

少し肌寒い曇天の港町散策、漁村集落とはまた違った工業港の風情。

大分県津久見市 : 津久見駅前とその周辺(3)

駅から少し離れたエリア、長屋や社宅が建ち並ぶ地区は、戦前からの基幹産業の名を冠した町名が付けられていた。 周辺にはかつて労働者たちの憩いの場が広がる。工業地区のまち歩き。

大分県津久見市 : 津久見駅前とその周辺(2)

路地裏、昼のスナック街を歩けば、人よりも多く出会うネコたち。 夜の賑わいとは程遠く…

大分県玖珠郡 : 豊後森駅周辺の町並み(2)

歴史的な機関庫のみを目的に訪れて、それだけを見てすぐ帰ってしまうにはあまりにも惜しい。 駅前商店街と盛り場、見逃せない町並みがある。

大分県玖珠郡 : 豊後森駅周辺の町並み(1)

九州唯一の扇形機関庫は、「童話の里」玖珠町のシンボルのひとつ。 かつて駅を中心に発展した、豊後森の町並みを歩く。

下関市 : 豊田町西市の町並み(2)

かつて存在した長門鉄道、その軌道に沿って歩く。 田園地帯に発達した市の名残を探した。

下関市 : 唐戸周辺ゆる散歩

カメラと財布を失くし、傷心のなかにある友人とゆるり食べ歩き。 あてもなく、ただのんびりと。

北九州市門司区 : 門司港駅周辺ゆる散歩(3)

良き友と飲む酒はいつもより旨い。 すっかり上機嫌で歩く夜の門司港であったが、気分は一転、事件発生…

福岡市中央区 : 天神市街地ゆる散歩(2)

煌めくタイルに囲まれた階段を降りていけば、そこには静かな喫茶店。 都会の喧騒を忘れ、しばし読書を楽しむコーヒーブレイク。

福岡市中央区 : 天神市街地ゆる散歩(1)

日本有数の都市部、そのビル群の谷間に残る昭和の香り…。 福岡の夜は長い。

宮崎県都城市 : 牟田町 〜 中町の町並み(2)

都城の市街地散策、盛り場と商店街を行ったり来たり。 暑さから逃れるように入った喫茶店のアイスで涼を取る。

東京都品川区 : 百反通り 〜 戸越銀座商店街とその周辺(2)

学生の頃に住んでいたまちを少しだけ歩いた。 ぼくが知っている「あの頃」のまちは、いま…

東京都品川区 : 百反通り 〜 戸越銀座商店街とその周辺(1)

学生の頃に住んでいたまちを少しだけ歩いた。 10年と少し前に過ごした場所を久しぶりに訪れて、あのときの記憶を探した記録。

東京都北区 : 桐ヶ丘中央商店街とその周辺(4)

団地の商店街の散策を終え駅前に移動。初会を祝する酒をどこで飲もうか彷徨う。 更けていく赤羽の夜。

東京都北区 : 桐ヶ丘中央商店街とその周辺(3)

淡く柔らかな夕景が瞼に焼き付き、ノスタルジックな気分になって鼻の奥がむず痒くなる。 そんな団地の商店街にて。

東京都北区 : 桐ヶ丘中央商店街とその周辺(2)

巨大な団地群の一角に突如として現れる商店街、かつて高度経済成長期の盛り上がりとともに多くの人で賑わったであろうその空間の匂いを嗅げば、見たこともないはずなのに何故か浮かび上がる昭和の原風景。 郷愁のまちを歩く。

東京都北区 : 桐ヶ丘中央商店街とその周辺(1)

久しぶりの東京で出会ったのは、Twitterを介して知り合った共通の趣味を持つ友人たち。 初対面とは思えない濃密な時間を共有し、この都市ならではの活気を肌で感じた。

大分県日田市 : 豆田町商店街とその周辺(4)

「豆田の天守閣」から見渡す、商店街の町並み。 展望楼のみならず空中庭園を備えた華やかな意匠に目を凝らす。

大分県日田市 : 豆田町商店街とその周辺(1)

古来からの水郷である日田の中心地、豆田町。 幕府による九州支配の拠点として重きをなしたまちは、今なお重伝建として往時の町並みが大切に保存される。かつての天領の町人地区を歩く。

福岡県直方市 : 須崎町商店街

筑豊平野の中心地にあり、北九州市へのアクセスもよく自然と街とが程よく調和する直方。 いくつか存在する商店街の中でも、ひときわ衰退が目に見えるアーケードを歩けば、味わい深い道筋の虜に。

下関市 : 城下町長府の町並み(4)

城下町の商人地区、その商店街の中にある小さな市場。 地元住人の営みを支える長府の中心地区では、仲哀天皇の戦勝に因んだ天下の奇祭が今なお受け継がれる。

北九州市八幡西区 : 黒崎駅前の商店街(5)

黒崎駅前の商店街巡り、いくら歩いても全容を掴むことのできないほどのアーケードと、夜の街の昼の姿。

北九州市八幡西区 : 黒崎駅前の商店街(4)

黒崎駅前の商店街散策、メイン通りを横に繋ぐ細い路地や市場を抜けていく。 噛めば噛むほどに、歩けば歩くほどに旨味を感じるような、味わい深いアーケードとスナック街。

北九州市八幡西区 : 黒崎駅前の商店街(3)

黒崎駅前の商店街、規模が大きいため何度訪れても新たな発見があって面白い。 市場の中へ。

北九州市八幡西区 : 黒崎駅前の商店街(2)

黒崎駅前の商店街散策、アーケードから外れた路地の景色も見ていこう。

北九州市八幡西区 : 黒崎駅前の商店街(1)

駅を中心に、半放射状に広がる大規模なアーケード商店街・市場を形成する黒崎。 かつての宿場町であり、官営八幡製鐵所の発展とともに大いに栄えた繁華街は、その高まったエネルギーを時代とともに少しづつ緩めていく…

北九州市小倉北区 : 昭栄町市場 〜 富野市場・新富野市場跡 〜 赤坂市場

全国的にも類を見ないほど現存する木造アーケードが多い北九州市。 その中でも比較的小さな市場にスポットを当ててみよう。地元住人の生活を支える商店は今なお静かに営業し、各家庭の食卓に彩りを添える。

北九州市門司区 : 門司駅前の町並み(2)

豊前国の寒村であった柳ヶ浦村…現在の門司駅周辺は、明治期に入り鉄道が敷設されたことで工業進出が始まり大いに発展した。それに伴い周辺には市場や商店街が開かれ多くの人で賑わったという。繁栄の名残を探して歩く。

北九州市門司区 : 門司駅前の町並み(1)

門司と聞いてほとんどの人がイメージするのは…いわゆる"門司港"の風光明媚な町並みであろう。 豊前国企救郡から日田県〜小倉県へ、そして福岡県北九州市門司区へと移りゆく過程の中で発展した、旧大里駅=現在の門司駅周辺の町並みを探る。